お申し込みの際の注意

クレジットを申し込む際の注意点

申し込む際の本人確認や申し込み方法について

クレジットカードを新規に申し込む場合には以前は申込用紙に必要事項を記入して郵送するというやり方が一般的でした。

しかしインターネットが普及してきてからは、カード会社のホームページに設置してある申込フォームに必要事項を入力して申し込むというやり方が主流になってきました。
そしてその方が早くカード会社に情報が届くため、カードの発行も早くできます。

クレジットカード発行の際には審査に加えて本人確認が必要になり、運転免許証健康保険証などのコピーをカード会社に提出する必要があります。

これに関しても以前のように紙にコピーしたものを郵送するというやり方だけでなく、デジタルカメラでこれらの本人確認書類を撮影して送信するというやり方で本人確認が可能です。

さらに利用額の確認や請求額の通知もメールやカード会社のホームページから確認する事が可能になったため、以前のように紙媒体の請求書や明細書を使用しないでクレジットカードを使う事ができます。

こうした事によりカード会社は経費と手間を大幅に削減する事ができるようになったため、クレジットカードの年会費を無料にしたり、カードに付帯している特典を以前と比べて充実させる事ができるようになりました。