スキミングに注意

スキミングを防ぐ方法

スキミングでの不正利用に合わないように注意する点

クレジットカードを使用する時に気を付けなければいけないのが第三者による不正使用です。

クレジットカード不正使用の手口は主にスキミングと呼ばれる手法で、カードを特殊な読み取り装置に通すことで登録されている情報を盗み取り、本物のカードはそのままで複製カードを作成する方法が用いられています。

この方法で不正を行うためには本物のカードを一度は入手する必要があるため、しっかり管理していれば安全に思えますが、話はそう簡単ではありません。

スキミングにかかる時間はカードを読み取り装置に通す数秒だけなので、一瞬でもカードから目を離せばスキミングされてしまう可能性があります。

通常であればカードから目を離すことはありませんが、店ででカード決済をする場合、まれにカードを預けて一度店の奥に引っ込んでから決済をする店があります。

不正利用グループはこの瞬間を利用してスキミングを行います。特に海外で使用する場合、一見しっかりとした信用できそうな店であっても、店員が不正利用グループと連携してカードを不正にスキミングしているというケースがあります。

スキミングを防ぐためには、絶対にクレジットカードから目を離さないことが重要です。
決済を頼んだ店員がカードを持ったままその場を離れようとしたら、すぐに呼び止めて目の届く場所で決済手続きを行うように要求してください。